粉末青汁を飲もう

野菜不足には青汁がおすすめ

野菜不足には青汁を飲む

厚生労働省の推奨する1日の野菜の摂取量は「350g」です。生野菜で量れば、両手に軽く山盛りいっぱいぐらいがその量です。健康的な生活を維持するためにはそれぐらい毎日野菜を摂取しなければならないという事ですが、厚生労働省の調査では20代から40代は推奨値の100g近くの野菜が不足しているそうです。

意識して野菜を摂るようにしていてもなかなか毎日350gの量の野菜を摂るのは難しいです。さらにもともと野菜嫌いならなおのことです。不足している野菜の量を補いたい、野菜嫌いだけど健康のため何とか野菜の成分を摂りたいという人に効果的なのが青汁です。">おすすめの青汁の情報をそれぞれ比較してみましょう。自分に合ったタイプを見つけることができます。

青汁が効果的に野菜不足を補えるのはどうしてですか?野菜ジュースも効果的に野菜不足を補える飲み物ですが、製品によっては飲みやすくするために糖分、塩分、添加物などが含まれており、場合によってはカロリーオーバーになることがあります。

また、野菜ジュースには野菜の搾りかすなどに含まれる食物繊維がほとんど含まれていません。こうした点を踏まえるならば、野菜ジュースより青汁の方が効果的に野菜不足を補えます。

青汁だけ飲んでいれば、実際の野菜は食べなくても大丈夫なのでしょうか?野菜にはそれぞれの野菜の持つ異なる栄養価があります。ですからいろんな野菜を食べることはやはり大切です。青汁はその色の通り、緑黄色野菜が成分のメインになっています。ですから根菜や単色野菜に含まれる栄養は直接野菜を食べないといけません。青汁だけでは摂取できないということです。

食事でいろいろな野菜を食べるようにしながら、不足している分を補うために青汁を飲むというのが健康面でベストな考え方ということができるでしょう。

Copyright © 野菜不足には青汁がおすすめ. All rights reserved.